6月~7月に起こしがちな水切れ

どこかで重症の水切れを起こし、そのあと水を与えても葉が元に戻らないほどになっています。

恐らく、現在の葉も黄色くなって落ちていくものと思われます。

少しでも楽に給水をさせるために、古い枝や細い枝は整理し、良い枝だけして、栄養を集中させましょう。


【こんな時の鉢植えの水やり】

水やりを行うときは鉢底から流れ出るまで与えます。

朝1回で済ませられたらいいですが、しばらくは余りに暑い時は2回にしてみてはいかがでしょうか。

新芽がそのうち出てくる感じがいたします。

新芽が1cmほど出てきたのを確認したら肥料を与えてください。

相原バラ園 通販サイト
新規会員募集中!
特典01
売り出し時にご予約開始日をいち早くお知らせ!
特典02
買うたびにポイントが貯まる!使える!